日常的に人の居る
風景をつくる

さいき城山桜ホール周辺地区@大分県佐伯市
  • 住所 大分県佐伯市大手町2-2-28
  • 期間 設計2016年3月~2017年10月、施工2018年10月~2020年8月
  • 面積 約1.86ha
  • 用途 公園、広場、ポケットパーク、道路、街路、バスターミナル、駐車場、ホール
  • 施主 佐伯市
  • 共働 景観アドバイザー 福岡大学 柴田久、(株)久米設計
  • 施工 ごろごろパーク:(株)丸和土木、(有)早瀬造園、ぱくぱくテラス:小田開発工業(株)、磯田緑地、ホール:熊谷・菅・佐々木特定建設工事共同企業体、ホール造園:(株)ウェルテック他
  • 材料 ふとんかごベンチ:カラーコンクリート(郡家コンクリート)+ふとんかご(小岩金網)、水景ミスト+噴水+ミスト(アクアプラン)
  • 植物 アオハダ、イチョウ(移植)、エノキ(移植)、シマサルスベリ、シマトネリコ、ヤマザクラ
  • 参考 さいき城山桜ホール
  • 写真 *川澄・小林研二写真事務所  船来洋志、**柴田 久、***市提供、****スタジオテラ
  • 担当 石井秀幸、野田亜木子、杉山芳里(元所員、設計迄)
一覧へ戻る